ベッドを風水から選ぶ!色と方角から寝室に幸運を招く!

風水 ベッドの豆知識

最近では風水という言葉を耳にする機会は、特に珍しくありませんよね?

しかし風水と言うと、「怪しい」とか「胡散臭い」「占いと同じで気持ちの問題」と思っている人も多いのではないでしょうか?

風水とは?

風水発症の中国

そもそも風水とは陰陽説と五行説と方角に注意する事で、気の流れを良くして幸運を得られる様にする約四千年前に中国で発祥した環境学のことです。

それぞれの方角には財運や仕事運、恋愛運等に関連しておりその方角に合う色や物を置く事で方角に適した運気アップを望む事が出来ます。

「胡散臭い」と一言で片づけるのは簡単ですが、例えば「掃除」をするしないによっても運気は変わってくるものです。

綺麗にしている部屋と汚い部屋では、どちらが運気が上がるかは明白ですよね?

風水を極めようとすると大変ですが、寝室(特にベッド)は風水の中でも重要な役割を果たしているので、ここだけでも改善する価値は十分にありますよ。

風水で良いとされる寝室の位置とは

寝室

風水では如何にして良い形で、気を巡らせるかを重視するのが基本です。

そのため家の中で特に重視されているのが、玄関だったりします。

玄関は気の入り口となっているので、十分に注意しなければなりません。

同様にキッチンは、エネルギーとなる食べ物を作る場所なので重視しています。

そして、それらと並んで重視される場所としてあるのがベッドを置く寝室になっているのです。

家を建てる際には、この3つの場所をきちんと風水的に良い状態にする事が基本になります。

風水における寝室の役目

寝室は1日の疲労をリセット出来る場所というだけでなく、エネルギーを補充して翌日に備える事が出来る風水的にも非常に大切な場所なのです。

なのでこの寝室を疎かにすると、日常生活に悪影響が生じる恐れがあるので注意が必要です。

この様に寝室における風水は健康だけでなく、個人の運気にも大きな影響を与える場所であるため正しい方角に設置するようにしましょう。

ただし風水では、吉凶の方位というのは人によって違いがあります。

だからこそ一概にこの方角ならば大丈夫という訳でなく、自身の生年月日から吉凶の方角をまずは割り出す事です。

そうして1番運気が良いとされる大吉の「天医」の方角に寝室を設置すれば、疲労回復効果の高い睡眠を得る事が出来ます。

とはいえ天医が取れない場合でも、中吉の「延年」の方角でも家族運のアップ等を望む事が可能です。

あなたの天医の方角を知る

あなたの生まれた年から本命卦(ほんめいか)を導き出して、その本命卦に沿った天医の方角に寝室を置くことが風水的に良いとされています。

まずは下記の簡易表からあなたの本命卦が何かを調べましょう。

生まれた年の本命卦(ほんめいか)男性女性
昭和12、21、30、39、48、57、平成3年、12、21離(り)乾(けん)
昭和13、22、31、40、49、58、平成4年、13、22艮(ごん)兌(だ)
昭和14、23、32、41、50、59、平成5年、14、23兌(だ)艮(ごん)
昭和15、24、33、42、51、60、平成6年、15、24乾(けん)離(り)
昭和16、25、34、43、52、61、平成7年、16、25坤(こん)坎(かん)
昭和17、26、35、44、53、62、平成8年、17、26巽(そん)坤(こん)
昭和18、27、36、45、54、63、平成9年、18、27震(しん)震(しん)
昭和19、28、37、46、55、平成元年、10、19、28坤(こん)巽(そん)
昭和20、29、38、47、56、平成2年、11、20、29坎(かん)艮(ごん)

本命卦が分かったら、次に下記のグラフに記載してある天医の方角を調べます。

東四命の人

西四命の人

 

ベッドを置くべき場所にも注意すべき理由と浄化の仕方とは

窓際に置いているベッド

寝室の位置を決めたら、そこで安心するのはまだ早計です。

今度は、ベッドの位置も注意して決めなければなりません。

もっともここも個人の生年月日を元にして、その人にとって吉と呼べる方角にベッドを設置する必要があります。

なのできちんと生年月日を元にして本命卦を行い、自分にとってどの方角が「吉」であるかを調べてそれに合わせる必要があります。

それぞれの本命卦によって吉の方角は異なりますが、大まかには「東四命の人」と「西四命の人」に分ける事が出来ます。

東四命に適したベッドの配置

西四命に適したベッドの配置

そもそもどうして寝室だけでなくベッドの位置にまで注意しなければならないかと言うと、睡眠中は身体が無防備な状態になるためです。

お陰で睡眠中は深層意識が影響を受け易く、寝室の環境が悪い場合には邪気による悪影響を受け易いと考えられています。

なので邪気の影響により運気が低下したり、体調を崩し易くなるといった問題が生じ易いです。

だからこそ寝室はなるべく、最高の環境を用意出来る様に留意する必要があります。

しかも特に寝付きが悪いといった形で、睡眠障害に悩まされている人はベッドの位置に注意すべきです。

ベッドを数十センチ動かしたり、頭の位置を変えるだけでも風水的には改善出来る可能性があると言われています。

ただし事情でどうしても凶の方角にしか寝室を置けない場合は、寝室に水晶玉を置く事です。

水晶には空気を浄化して乱れたエネルギーを整える効果があるので、良い方角に寝室を設置出来ない時には活用する事をおすすめします。

家族の本命卦がバラバラのときは世帯主に合わせる

家族4人

一人暮らしであればご自身の本命卦に合わせれば良いですが、夫婦や家族と一緒に寝る人も多いと思います。

そんな時には、世帯主に合わせるのが基本となります。

一家の大黒柱に合わせる事は、家族全員に良い影響を与えると考えられるからです。

但し、ケースバイケースで家族の誰かが病気をしている時などは、その年だけは病気の人の本命卦に合わせるのも良いでしょう。

ベッドを選ぶ際におすすめ出来る色

風水の色

風水を取り入れて寝室を設置するなら方角だけでなく、ベッドの色にも拘るべきです。

ただしベッドの色と言うと、黒や茶色といった濃いめの色を選ぶ人が少なくありません。

ベッドの色で運気アップを目論むのならば方角に合わせた色を選ぶことをおすすめします。

とは言え、ベッドフレーム自体の色を変えるのは難しいので、シーツの色を変える事で運気をアップしましょう。

北側は白色

白いベッド

白という色には、浄化やリセットという意味合いが存在しています。

寝室のベッドで眠るという行為は1日の疲れをリセットし、新たな1日をスタートさせる場所として相応しいです。

白に限らず色は方角により合う合わないというのがあるので、自分のベッドの方角をまずはチェックしましょう。

例えば本命卦が東四命の人は北向きのベッドの配置が良いとされています。

そうして自分の吉の方角から寝室を、北・北西・北東の方角に設置した人は是非ともシーツを白色で統一してみましょう。

南側は緑色

青年の樹(ユッカ)

南は太陽の通り道になるので、火の気のある赤いシーツは避けるようにしましょう。

相性が良いのは緑色でシーツを変えるのも良いですし、観葉植物などを置いてもOKです。

但し観葉植物を置くときには、必ず本物を置くようにして造花は止めましょう。

東側は赤色

赤い花

風水で東側は仕事運や勉強運を司る方角とされています。

相性の良い色は赤やピンクになるのですが、色が派手過ぎて寝つきが悪くなるようであれば緑色や水色でも大丈夫です。

と言うのも風水には、「跡継ぎは東の風に当てろ」という言葉があり、東から吹く風には木の気が含まれているからです。

西側は黄色

黄色

方位「西」は金の気を持ち金運にダイレクトに影響を与える方角です。

キレイな水の気があると金は増幅する傾向にあるので、西側に同じく金運を司り水の気を持つキッチンがあると家全体の金運アップにつながります。

「西」の持つ色は「白・金・銀」など金属や石を表すカラーなので、金色のシーツが一番良いのですが、見つからない時には白や黄色でも大丈夫です。

注意点として金属なので水が多すぎると錆びつき、火が強すぎると溶けてしまいます。

つまり西側には黒や青(水)、赤(火)は多様しないほうが良いでしょう。

ベッドの風水まとめ

風水では、玄関やキッチンと並んで寝室が重要な場所とされています。

まずは自分の生年月日を使い本命卦により、自分にとって吉と言える位置に寝室を配置するようにしましょう。

この時寝室の場所だけでなくベッドを置く位置に関しても、自分の吉の方角に拘って設置する事をおすすめします。

同時にベッドを配置した方角によって相性の良い色のシーツを取り入れる事で、恋愛運や仕事運、金運をアップする事が出来ます。

関連記事