ロングベッドのサイズと目安の身長は?おすすめロングベッド5選!

ロングベッド長身ベッド・ロングベッド
  • ベッドで背伸びをするとつっかえる・・
  • 通常のベッドを伸ばす事は出来る?
  • ロングベッドのおすすめを教えて!

高身長の場合、通常サイズのベッドでは十分なスペースが確保できずに窮屈な思いをすることも珍しくありません。

私は身長が176cmですが、足元に荷物を置いていると、足を延ばした時につっかえてしまいます。

そのため、身長180cmを超える方が通常サイズで寝ると、屈みながら睡眠を取るので熟睡する事が困難になります。

私はベッドショップオーナーで、睡眠・寝具指導士の資格を保有していますが、身長180㎝以上の方はロングベッドにするか、クッションを使いベッドを少し伸ばす事をおすすめしています。

そこでこの記事では、ロングベッドのサイズやベッドの長さを伸ばす方法、おすすめロングベッドまでご紹介します。

思いっきり背筋を伸ばして睡眠を取りたい方は、是非最後まで読んでくださいね。

ロングベッドのサイズは?

サイズマットレスの幅マットレスの長さ
シングルベッド90~100cm195cm
ロングサイズ206cm

メーカーによって若干異なりますが、ロングベッドの場合、通常サイズのベッドに比べて11cm長い206cmが一般的です。

高身長の方は、始めからロングベッドを選ぶ事で窮屈な思いをしないで済みます。

通常サイズのベッドは長さ195cmなので、195cmまでの身長であれば大丈夫と言いたいのですが、そんなわけにはいきません。

快適に眠れるベッドの長さ

メジャー

人が快適に眠るためには、「身長+15cm」の長さが必要です。

通常サイズでは180cmまでの人であれば大丈夫ですが、それ以上になると長さが足りません。

短いベッドで寝ていると、足が飛び出してしまったり、時に頭をベッドや壁に打ち付けてしまう恐れがあるので、熟睡する事は難しくなります。

そこで用いられるのがロングサイズのベッド。

本来であれば買い替えをするのが一番ですが、すぐには買い替えが難しい方もいらっしゃると思います。

そこで一時しのぎではありますが、ベッドを伸ばす対策方法をご紹介します。

短いベッドはロングクッションやタオルで伸ばす

10㎝伸ばせるロングクッション

まずはベッドに敷くマットレスとベッドの上部、ここに10㎝程度の隙間をあけます。

この隙間に「ロングクッション」と呼ばれている小型のマットレスを敷きます。

なければタオルやまくらを敷き詰めてもOK。

隙間の程度によって若干の違いはありますが、少なくともこれで就寝中に頭をぶつけて不快な思いをすることはなくなります。

足元のマットレスの下は当然フレームがない状態になりますが、コイルマットレスであればマットレスが沈み込む事はありません。

ロングベッド(長身ベッド)がやっぱりおすすめ

とは言え、フットボードが付いているベッドではこうした対策が出来ないケースもあります。

そもそも、ベッド上部に隙間を作る事は本来の方法ではないですし、見た目にもかっこ良いものではないですよね?

ホテルなどに泊まった時に長さが足りずにやむを得ずするのであればともかく、普段のベッドはやはりロングベッドを購入するのがおすすめです。

ロングベッド(長身ベッド)の選び方

選び方

ロングベッドを選ぶ上でネックになりやすいのが、ベッドの搬入や置き場所です。

サイズが大きいという事で部屋に入らない、入ったとしても想像以上に圧迫感があったり、動線を邪魔するケースが多くなります。

そのため、

  1. 購入前に間取りを確認する
  2. ロータイプで圧迫感をなくす
  3. 収納付きを選ぶ

と言った対策を取るようにしましょう。

1.購入前に間取りを確認する

ロングベッドを置いた時の間取り

通常サイズからロングベッドに買い替える場合、必ず間取りとレイアウトを確認するようにして下さい。

商品のスペックを確認すれば、ベッドの長さや幅が記載していますので、お部屋のサイズと照合して動線を邪魔せずに設置出来る事を確認しましょう。

ロータイプで圧迫感をなくす

ロータイプのロングベッド

ロングベッドは見た目に威圧感を感じやすいので、フロアベッドやローベッドと言ったロータイプのロングベッドで、圧迫感をなくすのもおすすめです。

ロータイプという事もありおしゃれな寝室を演出することができますし、デザイン性に優れているものであれば部屋の雰囲気に合わせたコーディネートも可能です。

収納スペースを確保

引き出しベッド

また、ベッドの専有面積が広くなるので、収納付きロングベッドを購入するのも良いでしょう。

ロングベッドであれば、通常サイズに比べて収納スペースも大きくなっています。

就寝時のストレスを軽減することが第一ですが、生活するスペースをより有意義に生かしていくことも大切です。

ロングベッドのおすすめ5選!

それでは実際に人気が高いおすすめのロングベッドをランキングでご紹介したいと思います。

1位.ロング丈連結ベッド【JointLong】ジョイント・ロング

連結ベッド【JointLong】ジョイント・ロング

連結ベッド【JointLong】ジョイント・ロング

ベッドの種類サイズカラー
フロアベッドセミシングル~ワイドキングブラック、ホワイト、ブラウン

36,537円~

【JointLong】ジョイント・ロングは、棚・照明・コンセントが付いているフロアタイプのロングベッド。

サイズ展開がセミシングル~ワイドキングまで幅広く揃っているので、細身の方やがっしりした体格の人、それにご家族一緒に寝たい人におすすめです。

連結タイプで幅は思いのままなので、特に子供と一緒に寝たいお父さんにおすすめのベッドですよ。

2位.デザインボードベッドロング Girafy ジラフィ

デザインボードベッドロング-Girafy-ジラフィ

デザインボードベッドロング Girafy ジラフィ

ベッドの種類サイズカラー
ローベッドシングル~ダブルブラウン

26,731円~

Girafy ジラフィは、長さ210cmあるロースタイルがかっこいいロングベッドです。

基本的には、マットレスではなく敷布団を敷いて眠る仕様になっています。

3位.のびのびベッド【Scelta】シェルタ

のびのびベッド【Scelta】シェルタ

のびのびベッド【Scelta】シェルタ

ベッドの種類サイズカラー
パイプベッドシングルシルバー

39,546円

【Scelta】シェルタは、パイプ製の伸び縮みするベッドです。

長さを150cm~210cmまで7段階調整が可能なので、身長やお部屋の間取りに合わせて使用する事が出来ます。

中高生の男の子の場合、成長期に入るとあっという間に高身長になる可能性がありますが、【Scelta】シェルタなら使い続ける事が出来ます。

専用のマットレスも伸び縮みするので、ご一緒に購入しておくと便利です。

4位.頑丈デザインすのこベッドRinForzaリンフォルツァ

頑丈デザインすのこベッド-RinForza-リンフォルツァ

頑丈デザインすのこベッドRinForzaリンフォルツァ

ベッドの種類サイズカラー
ローベッドシングル~ダブルブラウン

33,243円~

RinForzaリンフォルツァは耐荷重が600kgあるローベッドで、通常サイズの197cmとロングサイズの212cmの2種類があります。

マットレスの種類はボンネルコイルマットレスやポケットコイルマットレスだけでなく、高機能マットレスもラインナップしています。

シンプルで頑丈なベッドなので、長く愛用したい方におすすめです。

5位.宮棚付き ベッド下収納 ECOロングベッド (楽天)


 ECOロングベッドは長さが201㎝と普通のロングベッドより5㎝短くなっている宮付きロングベッドです。

ベッド下には2杯の引き出しが付いているので、衣類を入れるのに適しています。

通常のシングルサイズだと少しだけ短い・・・と言う方におすすめのロングベッドです。

>>ロングベッドはこちら!

ロングベッド(長身ベッド)まとめ

高身長の男性は、通常サイズのベッドでは窮屈な寝心地で睡眠の質が悪化します。

一時しのぎでマットレスをずらす対策方法もありますが、根本的解決にはならないので、ロングベッドをおすすめします。

商品選びの際には自分の身長により合った長身ベッドを選ぶことはもちろんですが、間取りや高さ、収納力をチェックしましょう。

関連記事
著者情報
だんな

ベッドショップのオーナー
睡眠・寝具インストラクターの有資格者
質の高い睡眠と、インテリア性を兼ね備えたベッドの情報を発信中。
5年前に自身も頸椎を痛めてから、本気で寝心地の良い枕やマットレス選びを考える。
兵庫県生まれ、大阪育ちの根っからの関西人。
>>だんなのプロフィールはこちら!

だんなをフォローする
ベッド通販セラピス
300種類以上の高品質なベッドを送料無料の格安で販売!
流通コストを排除した、卸直送価格で驚きのコスパ!
口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店です。 ベッド通販セラピス
ベッド通販セラピス
300種類以上の高品質なベッドを送料無料の格安で販売!
流通コストを排除した、卸直送価格で驚きのコスパ!
口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店です。 ベッド通販セラピス
長身ベッド・ロングベッド
三十路男のベッドブログ