マットレスの硬さはN(ニュートン)を目安に体重と照らし合わせて選んで!

ポケットコイル マットレス

スプリングマットレスには

  • ソフト
  • 普通
  • かため

と言った硬さが設定されており、それぞれのメリットやデメリットが存在しているだけでなく、人間の体重によっておおよその目安が異なっています。

目安に見合ったマットレスを使用することで腰痛予防ができるだけでなく、質の良い睡眠を取る事が出来るようになるのでご紹介いたします。

自分に合ったマットレスの硬さを選ぶ方法

耐圧分散出来ている理想の寝姿勢

理想的な寝姿勢とは、立っている姿勢のまま仰向きに寝転んだ状態の事を言います。

背中がS字カーブを描いていて、写真のように腰や肩が適度に沈んでいる状態です。

とは言え、自分で理想の寝姿勢になっているのかは分かりにくいので、次の項目チェックしてみましょう。

  1. 腰と背中の間に空間が出来ていない
  2. 腰が沈みすぎていない
  3. 寝返りがうちやすい

1.腰と背中の間に空間が出来ていない

腰と背中の間に隙間が出来ているようでしたら、身体にフィットしていない目安になります。

この場合、あなたにとっては少し硬めになっているので、もう少し柔らかいマットレスを選ぶようにしましょう。

2.腰が沈みすぎていない

腰が沈みすぎているようでしたら、逆に柔らかすぎるマットレスになっているので、もう少し硬めのマットレスにしましょう。

3.寝返りがうちやすい

寝返りをうつ時に、力を入れないと出来ないようでしたらマットレスの反発力が足りない証拠です。

反発力はN(ニュートン)であらわされているので、もう少し高めの数値のマットレスにしてみましょう。

体重別スプリングマットレスの硬さの目安

スプリングマットレスの硬さを体重別に分けると、

  • ソフト:体重40㎏未満
  • 普通:体重40㎏~70㎏
  • かため:体重70㎏以上

が目安になっています。

体重の軽い人は柔らかいマットレス

体重の軽い人は、柔らかいマットレスを使用することで、体への負担を軽減させる事が出来ます。

もしも体重が軽い人が硬いマットレスを使用すると、凹みが少ない分腰や背中が少し浮き気味になり、体全体をマットレスが支える状態にならないので快適に眠ることが難しくなります。

また、無理な姿勢で寝る事になるので、筋肉や筋を痛める原因にもなるので注意しましょう。

体重の軽い人であれば、マットレスではなく敷布団でも快適な睡眠を取ることが可能です。

敷布団は通常のスプリングマットレスに比べて硬めで反発力がなく、薄手なので、体重が重たい人が使用すると底付き感が出てしまいますが、子供や体重が軽い女性では比較的快適に寝る事が出来ます。

とは言っても体重が軽い人が多少硬いマットレスで寝たとしても、そこまで健康に悪影響を与える事はないので、「ソフト」か「普通」の硬さのマットレスの中で寝心地が良いものを選ぶと良いでしょう。

柔らかいマットレスの種類は?

柔らかめのマットレスとしては、安価なものであれば、

  • 海外製のボンネルコイルマットレス
  • 海外製のポケットコイルマットレス

があります。

但しどちらのマットレスも防臭・防ダニ、抗菌などの機能は備わっていないので、日々のメンテナンスや湿気対策をしっかりとする必要があります。

柔らかめのマットレスでおすすめは?

柔らかいマットレスで寝心地も重視するのであれば、羊毛入りデュラテクノマットレスがおすすめです。

羊毛入りデュラテクノマットレスは、羊毛の持つ、

  • 保湿性
  • 吸湿性
  • 弾力性

の特徴を活かしたクッション製抜群の製品です。

多少値段は高くなりますが、それ以上の快適さを持っているので検討して見ると良いですよ。

体重の重い人は硬めのマットレス

体重の重い人は、硬めのマットレスを使用することが望ましいです。

理由として柔らかいマットレスだと凹みが激しくなるので寝ている時の姿勢「く」の字にが歪んでしまい、腰痛が悪化したり、睡眠時無呼吸症候群を併発したりすることがあるからです。

質の悪い睡眠になってしまう事で、

  • 長時間寝ても眠気が取れない
  • 日中のパフォーマンスが下がる
  • うつ病リスクの増大
  • 糖尿病リスクの増大
  • 肥満体質になりやすい
  • ストレスが溜まる

と言った悪影響が次から次に出てきてしまうので、注意が必要です。

そのため体重の重い人は硬いマットレスを使用することで、腰や背中がマットレスに沈み込むのを抑えるようにしましょう。

また、体重が軽い人が硬めのマットレスを使用する分にはさほど悪影響が出てきませんが、体重が重たい人が柔らかすぎるマットレスで寝るのは間違いなく寝姿勢が崩れるのでお勧めできません。

最近のマットレスは、二層構造になっている事があるので、快適に睡眠を取ることができるだけでなく、身体への負担を最小限にとどめたものも存在します。

身体の負担と快適な睡眠を両方選びたい方は、多少価格が上昇しても、そちらを購入することがおすすめです。

数年単位で使用するものなので、選ぶときには慎重になったほうが良いでしょう。

硬いマットレスの種類は?

硬めのマットレスの種類としては、硬い順番でいうと

となっています。

同じマットレスの種類でも海外製と日本製とでは硬さが異なるので注意が必要です。

一般的には日本製のボンネルコイルマットレスが硬めになっている一方で、海外製のボンネルコイルマットレスは柔らかめになっています。

これは、ポケットコイルマットレスも同様の傾向にありますが、ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスを比べた時にはボンネルコイルマットレスの方が硬くなっています。

体重が重たい男性は多少値段が高くなりますが、マルチラススーパースプリングマットレスが程よい反発力があるのでおすすめです。

ウレタンマットレスの硬さの表記

スプリングマットレス以外に、ウレタンマットレスを使用したい人も多いと思いますが、ウレタンマットレスの場合には硬さを表す単位「N(ニュートン)」を目安にします。

これはJIS規格で定められている方法で、公的機関や製造会社が測定を行っています。

硬さの目安としては、

  • 60N未満:やわらかめ
  • 60N~100N:ふつう
  • 100N以上:硬め

となっています。

基本的にN(ニュートン)は数値が高いほど硬いマットレスになっていて、一般的には70N以下が低反発マットレス、100N以上であれば高反発マットレスと呼んでいます。

ウレタンマットレスの体重ごとの目安

ウレタンマットレスを選ぶ際にはご自身の体重を下記の表と照らし合わせて、体重に合った硬さのマットレスを選ぶことが大切です。

体重 ニュートン(N)
40kg未満 40N程度
40kg~50㎏ 60N~80N程度
50kg~60㎏ 100N~140N程度
60kg~70㎏ 100N~140N程度
70kg~80g 140N程度
80kg以上 170N程度

表を見ればわかるように、子供や細身の女性であれば低反発マットレスがおすすめですし、男性であれば基本的に高反発マットレスの方が体に優しいと言えます。

腰痛におすすめのマットレスの硬さは?

インターネットで検索すると腰痛には「硬め」のマットレスの方が良いと書いてある記事を良く見かけますが、実際の研究によると適度に柔らかいマットレスの方が腰痛を改善する事が分かってきています。

腰痛の人がマットレスを選ぶ際には、

  • 自分の体重に合った硬さを選ぶ
  • 耐圧分散が出来るマットレスを選ぶ

の2つを心掛けるようにしましょう。

自分の体重に合った硬さを選ぶ

スプリングマットレスでもウレタンマットレスでも、体重に合った硬さのマットレスを選ぶことが一番大切です。

特に柔らかすぎるマットレスは腰痛を間違いなく悪化させてしまうので気を付けましょう。

耐圧分散が出来るマットレスを選ぶ

スプリングマットレスで人気がある種類として「ボンネルコイルマットレス」や「ポケットコイルマットレス」がありますが、ボンネルコイルマットレスは耐圧分散が出来ていないので、横になった時に重たい腰に圧力が集中してしまうので止めた方が良いでしょう。

ポケットコイルマットレスやマルチラススーパースプリングマットレスなど耐圧分散が出来ているものを選ぶことが大切です。

腰痛におすすめのマットレス

おすすめのマットレスとしては、

  • 13層やすらぎマットレス
  • 高反発マットレスモットン
  • 雲のやすらぎプレミアム
  • 次世代マットレス【ビブラート1】

の4つがあります。

それぞれ特徴があるのでご紹介しておきますね。

13層やすらぎマットレス

13層やすらぎマットレス

極上の寝心地。13層やすらぎマットレス

98000円~

テレビや雑誌でもかなり取り上げられている有名なマットレスで、楽天ランキングやYahoo!ショッピングでも1位を獲得しています。

  • 27㎝の極厚マットレス
  • 3Dスプリング高反発構造
  • 6.5インチのス極上コイル
  • 理想の反発力
  • 抜群の通気性
  • 抜群の保温性
  • 防ダニ・抗菌・防臭
  • 完全日本製

とこだわり抜いているマットレスだけあって、耐圧分散に優れていて腰痛や肩こり、疲れが取れないなどの症状がある方におすすめのマットレスです。

高級マットレスなので金額は高いですが、60日間返金保証がついているので腰が痛くてたまらない人は試してみる事をおすすめします。

高反発マットレスモットン

高反発マットレスモットン

腰痛対策マットレス【モットン】

39800円~

腰痛対策マットレス【モットン】は人気が高いので、知っている方も多いと思いますが、一番の特徴は硬さを選べるところにあります。

マットレスの硬さの目安は体重によって異なりますが、モットンでは、

  • 100N(体重:~45㎏)
  • 140N(体重:45㎏~80㎏)
  • 170N(体重:80㎏~)

の3つから自分の体格に合わせた硬さを選ぶことが出来るので、体重に合ったマットレスを購入するようにしましょう。

90日間の返金保証が付いているので、万が一気に入らなかったとしても損をしないのは嬉しいですよね。

雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎプレミアム

39800円~

腰痛対策に特化しているマットレスで、復元力が99.9%ととにかく「へたらない」のが特徴です。

8万回の繰り返し実験を第三者機関で行い、高品質素材と言う事を実証しています。

体重が重たい人はどうしても腰痛になりやすいですが、雲のやすらぎプレミアムならしっかりと腰回りをサポートしてくれるので安心です。

100日間の返金保証がついているので、一度試してみるのも良いでしょう。

次世代マットレス【ビブラート1】

ビブラート1

次世代マットレス【ビブラート1】

59800円~

ビブラート1は子供の寝落ちを再現すると言うコンセプトの元作られたマットレスです。

厚さは25cmとたっぷりあり、マットレス表面にある独特な波状「ビブラートスリープシステム」が腰痛や肩こりを緩和してくれます。

子供から大人まで幅広い層の方に支持されているマットレスですよ。

マットレスの硬さまとめ

マットレスの硬さは体重が重い人は「硬め」を、体重が軽い人は「柔らかめ(ソフト)」を選ぶようにしましょう。

体重ごとの目安の硬さがあるので、スプリングマットレスにしてもウレタンマットレスにしても、必ずご自身の体格に適している硬さにする事が腰痛対策としても大切になってきます。

健康面を考えると体重の重たい人が柔らかいマットレスで寝るのが一番悪影響を受けやすいですが、体重の軽い人が硬めのマットレスで寝てもそこまで影響はありません。

関連記事

コメント

  1. […] >>マットレスの硬さはN(ニュートン)を目安に体重と照らし合わせて選んで… […]

  2. […] >>マットレスの硬さはN(ニュートン)を目安に体重と照らし合わせて選んで… […]

  3. […] >>マットレスの硬さはN(ニュートン)を目安に体重と照らし合わせて選んで… […]

  4. […] >>マットレスの硬さはN(ニュートン)を目安に体重と照らし合わせて選んで… […]

  5. […] >>マットレスの硬さはN(ニュートン)を目安に体重と照らし合わせて選んで… […]

  6. […] >>マットレスの硬さはN(ニュートン)を目安に体重と照らし合わせて選んで… […]

  7. […] >>マットレスの硬さはN(ニュートン)を目安に体重と照らし合わせて選んで… […]

  8. […] >>マットレスの硬さはN(ニュートン)を目安に体重と照らし合わせて選んで… […]