脚付きマットレスおすすめ10選!プロのおすすめは断然「ボトムベッド」

ホテルダブルクッション-脚付きマットレスボトムベッド おすすめのベッド

一人暮らしなどでお部屋をシンプルにしたい方に人気が高いのが、脚付きマットレスになります。

値段も結構安いですし、使い勝手も良さそうなので女性を中心に人気となっていますが、実際の寝心地や通気性などデメリットも気になるところではないでしょうか?

そこでこの記事では、

  • 脚付きマットレスおすすめ10選!
  • マットレスの種類と選び方
  • 脚付きマットレスの使い方
  • 脚付きマットレスのメリット・デメリット

をご紹介したいと思います。

  1. 脚付きマットレスおすすめ10選!
    1. 1位.新・ショート丈脚付きマットレスベッド ベッドパッド・シーツセット
    2. 2位.脚付きマットレス 選べる7つの寝心地!すのこ構造 ボトムベッド
    3. 3位.搬入・組立・簡単 コンパクト 分割式 脚付きマットレスベッド ショート丈
    4. 4位.すのこ構造 ショート丈脚付きマットレス ボトムベッド
    5. 5位.ショート丈分割式 脚付きマットレスベッド
    6. 6位.寝心地が選べる ホテルダブルクッション 脚付きマットレスボトムベッド
    7. 7位.脚付きマットレスベッド【ELAMS】エラムス
    8. 8位.脚付きマットレスベッド 日本製ポケットコイルマットレスベッド【MORE】モア
    9. 9位.脚付きマットレスベッド 新・色・寝心地が選べる!20色カバーリング
    10. 10位.脚付きマットレスベッド 新・国産ポケットコイルマットレスベッド【Waza】ワザ
  2. マットレスの種類と選び方
    1. 女性や子供は柔らかめのマットレス
    2. 体格のがっしりした男性は硬めのマットレス
    3. 腰痛の方のマットレス
  3. 脚付きマットレスの使い方
    1. 分割タイプの場合
    2. ホテルダブルクッション脚付きマットレスの場合
  4. 脚付きマットレスのメリット・デメリット
    1. 通常タイプのデメリット
    2. ボトムベッドのメリット・デメリット
    3. 脚付きマットレスはカビが生えやすい?
  5. 脚付きマットレスおすすめまとめ

脚付きマットレスおすすめ10選!

まずは、脚付きマットレスの人気メーカー10選をご紹介しますね。

1位.新・ショート丈脚付きマットレスベッド ベッドパッド・シーツセット

新・ショート丈脚付きマットレスベッド

新・ショート丈脚付きマットレスベッド

価格円~

セミシングルシングルセミダブル

長さが180㎝と通常のサイズよりも15㎝程度短いショート丈専門の脚付きマットレスになります。

また、脚付きマットレスはヘッドボードなどもないので、サイズを「セミシングルショート丈」にすると、実質最小ベッドと言えます。

平均的な体格の女性の場合であれば、ショート丈のセミシングルでも十分スペースは確保できますが、思いっきり寝返りをしたい方は「シングルショート丈」や「セミダブルショート丈」もあります。

特徴的なのは、「ボンネルコイルマットレス」「ポケットコイルマットレス」「国産ポケットコイルマットレス」と3種類のスプリングマットレスから好みに応じてマットレスを選べること。

脚付きマットレスと言うとどうしても寝心地が悪いイメージがありますが、こちらの商品であれば快適に睡眠を取る事が出来ますよ。

新・ショート丈脚付きマットレスベッドの口コミ:Utan (30代 女性) 様

 

主人は硬いマットレスじゃないと腰がいたくなり、引っ越しを機に
いろいろ探してこちらを購入しました^_^

部屋が小さいのでシングルとセミダブルを並べて3人でも十分な広さです!
腰もいたくならずよかったです!

 

2位.脚付きマットレス 選べる7つの寝心地!すのこ構造 ボトムベッド

脚付きマットレスボトムベッド

すのこ構造 ボトムベッド

価格円~

セミシングルシングルセミダブルダブルクイーンキング

脚付きマットレスの進化型と呼ばれているのが、こちらの「ボトムベッド」になります。

通常の脚付きマットレスはマットレスに直接脚を付けていますが、こちらの商品はベッド本体とマットレスを分割しています。

そのため、マットレスを両面使用する事が出来ますし、重たい人が寝てもベッド本体がしっかりと支えてくれるので真ん中がたわむような事もありません。

価格も従来の脚付きマットレスとほとんど変わらないので、コストパフォーマンスに優れていますよ。

すのこ構造 ボトムベッドの口コミ:ケント (20代 男性) 様

全然探していた物とは違い妥協して値段だけで購入を決めました。

しかし、届いたら組み立ても簡単ですし、マットレスもとても寝心地が良く大変満足しております。

今までなかなか寝付けなかったのに、今では横になったらすぐ眠ってしまう程快適です。

3位.搬入・組立・簡単 コンパクト 分割式 脚付きマットレスベッド ショート丈

分割式 脚付きマットレスベッド ショート丈

分割式 脚付きマットレスベッド ショート丈

価格円~

セミシングルシングル

脚付きマットレスベッド ショート丈は、長さが180㎝とコンパクトサイズの脚付きマットレスです。

コンパクトサイズなので、狭いお部屋でも置き場所を選ばないのが魅力です。

分割タイプなので搬入や設置、お部屋の模様替えを簡単に行う事が出来ます。

また、昼間はソファーとしても活用する事が出来るので、友達や恋人が来た時にも便利ですよ。

脚付きマットレスベッド ショート丈の口コミ:yuki (50代 女性) 様

購入したあとで、脚の高さをもう少し低くしたかったなと思い、脚だけの部品売りがあればいいなぁと感じました。

4位.すのこ構造 ショート丈脚付きマットレス ボトムベッド

ショート丈脚付きマットレス ボトムベッド

ショート丈脚付きマットレス-ボトムベッド

価格円~

セミシングルシングル

脚付きマットレス「ボトムベッド」のショート丈専門がこちらの商品になります。

サイズはセミシングル・シングルの2種類がありますが、とにかくコンパクトな脚付きマットレスが欲しい方におすすめです。

マットレスも薄型になっていてベッド本体も軽量のため、模様替えや引っ越しの際にも楽々移動する事が出来ます。

すのこ構造で通気性も良いので、湿気やカビの心配もありませんよ。

5位.ショート丈分割式 脚付きマットレスベッド

ショート丈分割式 脚付きマットレスベッド

ショート丈分割式 脚付きマットレスベッド

価格円~

セミシングルシングルセミダブル

コンパクトなショート丈の脚付きマットレスがこちらの商品になります。

長さは180㎝と通常の脚付きマットレスに比べて15㎝短くなっていて、幅はセミシングル(80㎝)・シングル(97㎝)・セミダブル(120㎝)の3種類。

分割タイプなので、組み立てや移動も楽々する事が出来ますよ。

6位.寝心地が選べる ホテルダブルクッション 脚付きマットレスボトムベッド

ホテルダブルクッション 脚付きマットレスボトムベッド

ホテルダブルクッション 脚付きマットレスボトムベッド

価格円~

セミシングルシングルセミダブルダブルクイーンキング

こちらも脚付きマットレス「ボトムベッド」の商品ですが、特徴的なのは「ホテルダブルクッション」になっている事です。

ダブルクッションとは、通常のマットレスのクッションに加えてベッドフレーム内部にもコイルスプリングが内蔵されているものを言います。

高級ホテルで使用されているダブルクッションの寝心地をご家庭でも再現できるのが、こちらの商品になります。

マットレスも寝心地が快適な6種類揃っていますが、布団でも使用する事が出来ますよ。

7位.脚付きマットレスベッド【ELAMS】エラムス

家族を繋ぐ大型マットレスベッド【ELAMS】エラムス

脚付きマットレスベッド【ELAMS】エラムス

価格円~

クイーンキングワイドキング

【ELAMS】エラムスはクイーン・キング・ワイドキングの大型サイズに特化した脚付きマットレスになっています。

ラインライブが豊富なのが魅力で、マットレスの種類は2種類、脚の長さは4種類、カラーは10種類とお好みに合ったものをお選びいただくことが出来ます。

ご家族で使用される場合におすすめで、子供が小さいころは一緒に添い寝をしてあげて、成長したらベッドを分割してそれぞれ使用する事が出来ますよ。

【ELAMS】エラムスの口コミ:あっくんママ (30代 女性) 様

子供が産まれて家族みんなで寝れるベッドを探していた所口コミが良くこちらの商品購入!!
大正解でした。旦那も喜んでいます。

8位.脚付きマットレスベッド 日本製ポケットコイルマットレスベッド【MORE】モア

脚付きマットレス【MORE】モア

脚付きマットレスベッド 【MORE】モア

価格円~

クイーンキングワイドキング

【MORE】モアはクイーン・キング・ワイドキングと大型サイズの脚付きマットレスです。

境目が気にならない連結パーツ付きで、脚の長さも4種類から選ぶことが出来ます。

分割構造も2分割されているグランドタイプと、4分割されているスプリットタイプの2種類があるので、お部屋のレイアウトによってお選びください。

安心の日本製ポケットコイルマットレスを使用しているので、寝心地にこだわりたい人におすすめの脚付きマットレスですよ。

【MORE】モアの口コミ:あいう (30代 男性) 様

購入後の問い合わせにも丁寧に対応いただきありがとうございました。

9位.脚付きマットレスベッド 新・色・寝心地が選べる!20色カバーリング

脚付きマットレス新・色・寝心地が選べる!20色カバーリング

脚付きマットレスベッド 新・色・寝心地が選べる!20色カバーリング

価格円~

シングルセミダブル

お部屋を自分好みのカラーにしたい人には、こちらの脚付きマットレスベッド 新・色・寝心地が選べる!20色カバーリングがおすすめです。

マットレスの種類は「ボンネルコイルマットレス」「ポケットコイルマットレス」「国産ポケットコイルマットレス」の3種類から、カラーは20色から選ぶことが出来ます。

カバーリングはパッドとボックスシーツが一体となっていて、すぐに外して洗えるのでいつでも清潔に出来ます。

1年間のメーカー保証も付いているので、安心してご使用いただけますよ。

脚付きマットレスベッド 新・色・寝心地が選べる!の口コミ:めぐ (40代 女性) 様

 

パッドつきとあって購入したのですが、ベッドの境目が身体に触れるため、もう一枚パッドを入れて使おうと思います。
境目の品質について、再考が必要かと思います。

足の滑り止め(傷防止)のカバー的なものが別売りであるとなお良いかと思います。

組み立ては女性一人でも簡単でしたので、星3つとしました。

 

10位.脚付きマットレスベッド 新・国産ポケットコイルマットレスベッド【Waza】ワザ

脚付きマットレス【Waza】ワザ

脚付きマットレス【Waza】ワザ

価格円~

スモールセミシングルセミシングルシングルセミダブルダブルクイーン

【Waza】ワザは購入時に細かいところまで設定が可能な脚付きマットレスです。

スモールセミシングル・セミシングル・シングル・セミダブル・ダブル・クイーンと1人用もしくは2人用のサイズが一通り揃っています。

国産ポケットコイルマットレスを使っているのですが、マットレスを1枚タイプにする事で硬さを「硬め」「やや硬め」「柔らかめ」の3種類から選ぶことが出来ます。

体格ががっしりしている人は、「硬め」か「やや硬め」を、女性や子供であれば「やや硬め」か「柔らかめ」を選んでおけば体に合うと思いますよ。

【Waza】ワザの口コミ:ハル (20代 男性) 様

分かれているので、引っ越ししやすい。
継ぎ目も気にならない。
しっかりしている。

>>脚付きマットレスはこちら!

マットレスの種類と選び方

分割タイプの脚付きマットレス

脚付きマットレスは、コンパクトで使い勝手に優れていますが、寝心地を決めるのは何といっても「マットレスの種類」です。

脚付きマットレスのマットレスには主に、

  • ボンネルコイルマットレス
  • ポケットコイルマットレス
  • 国産ボンネルコイルマットレス
  • 国産ポケットコイルマットレス

の4種類がありますが、選ぶときには、体重に合わせて選ぶのと間違いありません。

女性や子供は柔らかめのマットレス

女性

女性や子供など体重が比較的軽い方の場合、硬いマットレスにしてしまうとお尻など重たい部分が沈み込まないで身体が反り返った状態で寝る事になります。

疲れも抜けないですし、血行不良を起こしたり、腰痛などの原因になるので硬さは「ソフト」もしくは「普通」を選ぶようにしましょう。

おすすめのマットレスとしては、耐圧分散に優れているポケットコイルマットレスになります。

特に国産ポケットコイルマットレスでは、ウレタン素材が余分に入っていたり、防ダニ・抗菌と言った衛生面に優れているマットレスになっているのでおすすめですよ。

体格のがっしりした男性は硬めのマットレス

体格のがっしりした男性

逆に体格ががっしりしている男性のマットレスは、ある程度硬めでないといけません。

柔らかすぎるマットレスで寝ると、身体が「く」の字に曲がった状態になり、腰に負荷をかけるので腰痛の原因になってしまいます。

おすすめのマットレスは国産ボンネルコイルマットレスで、しっかりとした寝心地で体をサポートしてくれますよ。

腰痛の方のマットレス

腰痛の男性

腰痛を持っている方の場合には、ポケットコイルマットレスがおすすめですが、体重が重たい人は注意が必要です。

ポケットコイルマットレスはコイルが独立しているために、重たい部分だけ適度に沈み込み体を理想的な寝姿勢にしてくれます。

しかし、硬さが「ソフト」なので、体重の重たい人には不向きとなっています。

そう言った方は、「脚付きマットレス ボトムベッド」の中のプレミアムポケットコイルマットレスや、フランスベッド社製のデュラテクノマット、マルチラスダブルデッキスプリングを選ぶようにしましょう。

適度な硬さがありますし、耐圧分散にも優れている高品質なマットレスなので、腰痛の方でも安心してご使用する事が出来ますよ。

また分割タイプの脚付きマットレスでは、つなぎ目が腰骨付近に来るので、避けるようにして下さい。

脚付きマットレスの使い方

脚付きマットレスに寝ている女性

脚付きマットレスの質問で良くあるのが、「脚付きマットレスの上に布団は敷くのですか?」と言った事です。

脚付きマットレスを使う場合には、基本的には敷き布団を使用する必要はありません。

マットレスによって耐圧分散が出来ていて、理想の寝姿勢を保てるように工夫されているので敷布団を敷くとかえって寝心地が悪くなってしまいます。

分割タイプの場合

但し分割タイプの脚付きマットレスの場合、つなぎ目が腰骨付近に来るので寝心地が悪い事もあります。

その際には、厚めのベッドパッドをご使用する事で改善する事が出来ます。

ホテルダブルクッション脚付きマットレスの場合

ホテルダブルクッション脚付きマットレスに布団を敷いている

また、ホテルダブルクッション脚付きマットレスの場合には、ベッド本体にもスプリングマットレスうが内蔵されているため、上のマットレスを購入しない方法もあります。

その際には敷布団を敷くことで快適に睡眠を取る事が出来ますよ。

脚付きマットレスのメリット・デメリット

チェックポイント

脚付きマットレスのおすすめ10選をご覧頂きましたが、ご覧の通り脚付きマットレスの種類は大きく

  • 通常タイプ
  • ボトムベッド

の2つに分ける事が出来ます。

通常タイプはマットレスの直接脚を取り付けているのに対して、ボトムベッドではベッド本体の上にマットレスを載せています。

見た目にはあまり変わらないかもしれませんが、メリット・デメリットを考えた時にこの違いはかなり大きいと言えます。

通常タイプのデメリット

脚付きマットレス

と言うのも、通常タイプの脚付きマットレスのデメリットには、

  • マットレスのローテーションが出来ないので寿命が短い
  • 強度が弱い

と言う結構致命的なものがあります。

通常のスプリングマットレスは両面使えるようになっているので、定期的にマットレスの裏表を変える事で寿命を延ばす事が出来るのですが、通常の脚付きマットレスではそれが出来ません。

そのため、マットレスの寿命は5年程度で来てしまいますが、マットレスだけの交換も出来ないのでベッドごと買い替えなければいけません。

また、通常のベッドであればベッドフレームがある事で下からマットレスを支える事で強度を持たせていますが、脚付きマットレスでは支えがないので強度に不安が残ります。

この通常の脚付きマットレスのデメリットを改良したのが、「ボトムベッド」になります。

ボトムベッドのメリット・デメリット

搬入・組立・簡単!選べる7つの寝心地!すのこ構造-ボトムベッド

ボトムベッドの場合ベッド本体とマットレスが分れているので、マットレスのローテーションも出来ますし、身体に合わなかったり寿命が来た時でもマットレスだけを買い替える事も出来ます。

また、マットレスの下に支えが出来ているので、マットレスがたわむような事もありませんし、シンプルで場所を取らない外観は変わっていません。

値段が若干高くなりますが、それでも数千円程度なので、長い目で見るとボトムベッドの方が断然おすすめになってきますよ。

脚付きマットレスはカビが生えやすい?

マットレスのカビ

脚付きマットレスを検討されている方の中には、「もしかしてカビが生えやすいのでは?」と心配されている方もいらっしゃると思いますが、脚付きマットレスの通常タイプはマットレスを遮るものが何もないので湿気やカビに非常に強くなっています。

一方、ボトムベッドの方はどうかと言うと、ベッド本体が「すのこ」になっているタイプはやはり湿気やカビに強いと言えます。

とは言え、通常のベッドに比べると収納やヘッドボード、フットボードと言った空気の通りを邪魔するものが何もないので、そこまで心配する事はありませんよ。

>>脚付きマットレスがカビやすい4つのNGな使い方&効果的なカビ対策方法

脚付きマットレスおすすめまとめ

値段も安くシンプルな作りの脚付きマットレスは一人暮らしの女性を中心に人気が高いベッドです。

ただし、通常の脚付きマットレスの場合マットレスのローテーションが出来ないために寿命が短く、マットレスを支えるものもないので強度に不安が残ります。

おすすめなのがベッド本体とマットレスが分かれているボトムベッドで、多少値段は高くなりますがベッド自体の寿命も長く強度もあるので長い目で見るとコストパフォーマンスに優れていますよ。

関連記事