すのこベッドに敷布団とマットレスでは寝心地が良いのはどっち?

すのこシングルベッド すのこベッド

日本人は昔から畳に布団を敷いて眠ってきました。

今ではスプリングマットレスをベッドフレームにはめ込んで眠る西洋式のベッドが一般的になってきていますが、落ち着くことや狭い日本の住宅事情が理由となり敷き布団を敷いて眠るという方法も根強い人気があります。

すのこベッドとは?

すのこベッド

近頃の洋室ばかりの住宅事情において、何とかして洋室に敷き布団を敷いて眠りたいというニーズが出てきました。

柔らか過ぎる寝心地があまり好きではないといった人や、敷き布団の硬めの寝心地の方が好きだという人もたくさんいますよね?

そのような方たちの為に開発されたのがすのこ状のベッドの床板を採用した、すのこベッドになります。

すのことは、角材に薄い板を何枚も横に並べて一定の間隔を空けて打ち付けたものです。

すのこベッドの寝心地

快適な睡眠

すのこベッドの寝心地は、敷き布団を敷くかマットレスを敷くかで大きく異なってきますが、特徴としては

  • 夏は涼しい
  • 冬は寒い
  • 湿気やカビに強い
  • ほこりを吸わないで済む
  • きしみ音がしやすい

と言った事があります。

夏は涼しい

等間隔に隙間が空いているすのこベッドの床板は下から空気が通るので、夏は熱気が籠りにくく涼しく快適に寝る事が出来ます。

冬は寒い

夏は涼しい一方で、冬場は底冷えをするのがすのこベッドです。

そのため、マットレスの上にベッドパッドを敷くなどして寒さ対策をするようにしましょう。

湿気やカビに強い

すのこベッドは一定の間隔が空いていることによって空気が通る空間ができ、通気性が良く湿気やカビに強いのがすのこベッド一番のメリットです。

一般的に押し入れやに風呂場の床にすのこを敷いたりするのも、湿気を防ぐ効果が高いためです。

>>すのこベッドのカビ取り方法とカビにくいすのこベッド選びのポイント

ほこりを吸わないで済む

床から30㎝の高さはほこりがたくさん舞い散っていると言われていますが、ある程度高さのあるすのこベッドであれば、ほこりを吸う事もありません。

カビやほこりはアレルギーの原因にもなるので、喘息やアレルギーを持っている人は快適な寝心地を得る事が出来ますよ。

きしみ音がしやすい

しかし、すのこベットの構造の都合上、きしむ音が出やすいというデメリットがあります。

すのこベットは床板に隙間があるのできしみやすく音が気になり寝心地が悪くなってしまう可能性があります。

多少のきしみはどのすのこベッドでもありますが、大きいようであれば何処かに不具合がある可能性が高いので対策を取るようにして下さい。

>>すのこベッドのギシギシとしたきしみ音の対策方法&きしまないすのこベッド

敷き布団を敷いた時の寝心地

敷き布団を敷いたすのこベッド

直接フローリングに敷き布団を敷くと硬く過ぎて寝心地が良くないと感じられるように、直接すのこベッドに敷布団を敷くと、背中の部分に木が当たって、硬さを感じてしまう可能性があります。

本来、敷き布団は畳の上に敷いて寝るために作られていますが、畳はイ草がある程度クッションの役割をするので敷布団でも快適に寝る事が出来るようになっています。

しかし、すのこはあくまで木材なので、クッション性が低くその上に薄っぺらい敷き布団を敷いて寝ると背中が痛くなり寝つきも悪くなる可能性があります。

今使っている敷布団の寝心地を確認する

今使っている敷き布団が直接すのこベッドの上に敷いてそのまま快適に眠ることができるかどうかを確認したい場合は、敷き布団だけを直接フローリングの上に敷いておいて横になってみるという方法があります。

その状態で硬さを背中に感じられることがない場合は、すのこベッドの上に敷き布団を敷いて眠っても問題ありません。

市販されている厚みがある敷き布団であれば、フローリングの上に直接敷いて使うことも想定して作られているため、敷き布団とすのこベッドの間にわざわざマットレスを挟み込まなくても敷き布団だけで充分問題ありません。

身体が痛い時にはマットレストッパーを敷く

マットレストッパー

マットレス トッパー 高反発&低反発の二層式【MLILY エムリリー】デンマーク生まれ シングル 厚み3cm

硬めの布団の寝心地の方が好きな人や、しっかりとした厚みの敷き布団を持っているという場合は、すのこベッドに直接敷き布団を敷くだけで問題はないのですが、そうではないときは、敷布団とすのこベッドの間に高反発のマットレストッパーを挟み込むことによって床に接しているような感覚を和らげて寝心地を快適にすることが可能です。

本来マットレストッパーは、へたってきたスプリングマットレスの上に敷くことで寝心地を改善するためのものですが、敷布団の厚みが足りない場合にも使用する事が出来ますよ。

敷布団を使えないすのこベッドもある

すのこベッドには敷布団で寝ても大丈夫なものと、そうでないものがあります。

すのこの上にスプリングマットレスを敷くと、荷重が分散するためにすのこ自体にそこまで強度がなくても大丈夫なのですが、敷き布団を敷いた場合には寝起きをしたり寝返りを打つ時に腰やお尻など体重が重たい箇所に集中的に荷重がかかってしまうので、ひび割れる事があります。

そのため、すのこベッドに敷き布団を敷いて使用したいのであれば、専用のすのこベッドを購入するようにしましょう。

>>すのこベッドは敷き布団を使える?気になるカビや寝心地について

マットレスを敷いた時の寝心地

布団をフローリングに敷くときには、敷き布団とフローリングの床との間にマットレストッパーを挟んで眠るという人は少なくありませんが、初めからしっかりとしたスプリングマットレスだけを敷いた方が寝心地は良いと言えます。

すのこベッドに使われる主なスプリングマットレスとしては、

の5種類があります。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスの構造

連続した張力のあるコイルが面で体を支えてくれます。

コイルが連結していて空気の通り道がたくさんあるので、通気性に優れていて寿命も長いのが特徴です。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスの構造

ポケットコイルとは、コイル一つ一つが袋に入っていて、身体のラインに沿って点で支えてくれるマットレスです。

袋に入っているため通気性は良くなく劣化してくると部分的な落ち込みがあるなど、寿命もあまり長くないですが、腰痛の方などは沈み込みがちな腰やお尻をしっかりサポートしてくれるのでおすすめです。

マルチラススーパースプリングマットレス

マルチラススーパースプリングマットレスの構造

フランスベッド社製のマルチラススーパースプリングマットレスは、連続したコイルが連結しているので通気性に優れています。

またフランスベッド独自の高密度連続スプリングが採用されていて、日本人の体格や骨格には最適と言われています。

コイル数が810とかなり多く使用されているので硬めの寝心地で、沈み込まず安定した寝姿勢を維持できます。

肉厚な張りのある生地を使用していて、防虫加工を施した不織布が縫い込まれているので、防ダニ・抗菌効果があります。

ゼルトスプリングマットレス

ゼルトスプリングマットレスの構造

1本のコイルを連続して編み込んだ連続スプリングは体を面で支えて部分的な落ち込みがありません。

通気性・耐久性・防カビ・抗菌効果に優れていて、梅雨や夏場など寝苦しい夜も快適に睡眠を取る事が出来ます。

5種類の中で耐久性は一番優れていると言えます。

羊毛入りゼルトスプリングマットレス

羊毛入りゼルトスプリングマットレスの構造

1本のコイルを連続して編み込んだ連続スプリングは体を面で支えて部分的な落ち込みがありません。

夏は涼しく冬は暖かい羊毛繊維が入っているので、すのこベッドのデメリットでもある「冬は寒い」と言う事を感じさせない寝心地を実現出来ます。

肉厚な張りのある生地を使用していて、防虫不織布を施した不織布と一緒に天然繊維の羊毛を縫い込んであります。

すのこベッドに敷くマットレスの選び方

マットレスの硬さ

マットレスの種類と特徴2

すのこベッドに使用するマットレスの種類はたくさんあるので、どれにすれば良いか迷ってしまいますよね?

マットレスを選ぶときには、あなたの体格から判断するのが一番確実です。

目安としては、

  • 体重が40㎏未満は「ソフト」
  • 体重が40㎏~70㎏「ふつう」
  • 体重が70㎏以上「かため」

を選ぶと間違いはありません。

但しフランスベッド社製の

  • マルチラススーパースプリングマットレス
  • ゼルトスプリングマットレス
  • 羊毛入りゼルトスプリングマットレス

の3つに関しては「かため」になっていますが、表面の生地が非常に柔らかいので体重が軽い方でも快適に寝る事が出来ます。

また、腰痛がある人は耐圧分散に優れているマットレスを選ぶことが大切なので、ボンネルコイルマットレスは避けるようにしましょう。

>>すのこベッドはこちら!

すのこベッドの寝心地まとめ

すのこベッドの寝心地は夏は涼しく冬は暖かいと言った一般的な事のほかに、布団を敷くかマットレスを敷くかで大きく異なってきます。

特に薄手の敷き布団を敷くと背中がすのこに当たる感触や寝起きに体の節々が痛いと言った事があるので注意しましょう。

寝心地だけであれば付属のスプリングマットレスを使用した方が良いと言えます。

関連記事

コメント