1. TOP
  2. 布団や毛布も収納できるベッドが秀逸すぎる!

布団や毛布も収納できるベッドが秀逸すぎる!

みなさんは自宅の収納スペースに困ったことはありませんか?

特に毎日のように使用する布団は、最近の住宅は和室離れしていることから押入れがない家庭も少なくありません。

奥行きのないクローゼットで布団を入れることが出来ずに悩んでいる家庭もあるでしょう。

そんな方におすすめなのが収納付きベッドです。

今回はベッドの活用法や種類についてご説明します。

布団はベッドの板底へ収納!

布団を片付けるとなると場所をとり、折りたたむことでさらに嵩張ります。

季節によっては薄型や厚型といった種類を変えて利用する人も中にはいるでしょう。

二世帯で暮らす家族やお子さんのいる世帯はさらに布団の数が増えるので、シーズンを終えて人数分を片付けるとなると大変です。

また洋室がメインとなる最近の住宅はクローゼットが重視されるので布団の収納が困難になります。

布団は担ぐと重く足元の視界が狭まるため運ぶのに苦労しますので、できるならばベッドの近くに毛布やシーツをまとめて置いておきたいものですね。

この場合には跳ね上げ式収納ベッドがおすすめです。

なんといっても大容量の収納が見どころで、マットレスごと一気に持ち上げるため楽です。

なるべく安い価格で納めたい方には、似たようなタイプで床板式というのがあります。

中でもすのこを利用した構造は、複数に別れている床板を持ち上げるため必要な部分だけ開くことができるので、効率よく利用することができます。

またすのこの特性が生かされ、通気性に適しています。

梅雨の時期や湿度が高い日でも湿気が逃げやすい構造になっているので、布団をしまっておくのにぴったりです。

ただし寝汗による湿気は行きやすくなってしまうので、気になる方は湿気を除去してくれるマットを敷くなどちょっとした対策をすれば心配ありません。

このように布団を効率よくしまえるのは便利ですね。

引き出しタイプでもっと効率よく

収納ベッド

これまで跳ね上げ式と床板式といった、底を持ち上げる扉タイプをご紹介してきました。

このほかにも引き出しタイプの収納ベッドという種類もあります。

引き出しタイプはその名の通りサイドが引き出しになっており、物を取り出すのにとても便利です。

跳ね上げ式タイプと比べ、布団を一度ベッドから降ろすという行為をせずに済むのでいつでも物を取り出すこともできます。

板下に収納するため荷物が見えにくいというのもポイントですし、ものが目立たない分うまく活用することで部屋をすっきりした印象にすることもできます。

ただし、引き出しを引っ張り出せるよう、まわりには多少のスペースが必要になるので注意が必要ですし、収納できる容量は跳ね上げ式と比べると少なくなります。

クローゼットが足りなくて取り出しやすい収納場所を増やしたい、部屋をごちゃごちゃさせたくないという人はおすすめです。

商品によっては引き出しの棚の数が豊富なものや、レイアウトによって左右どちらも取り付けることのできるものまであるので、部屋の模様替えも気にせず行うことができます。

布団には枕・シーツ・毛布などがあり、季節によって振り分けて利用している方は棚ごとにしまうことができるので分かりやすいですね。

このように収納ベッドの中でも種類があるので自分が暮らす部屋の大きさや特徴を理解したうえで購入することが理想で、有効的に活用できます。

大きさもレパートリーも豊富、自分に合ったベッドを

ベッドの大きさにも様々な種類の商品があるのはご存知でしょうか?

一人暮らしでアパートにお住いの方は収納スペースに悩まされることが多いでしょう。

そんな時にも一人用のコンパクトな収納ベッドが販売されているので活躍します。

もちろん他にも折りたたんで部屋の隅に寄せて置くことができる折りたたみ式や、カップルや夫婦仲良く寝たいという方にはダブルベッドやクイーンベッドがおすすめです。

部屋のスペースを有効にしたい方には高さに工夫をされた階段がついた二段ベッドがあります。

小さなお子さんがいる世帯でみんなで一緒に寝たいと思う方は、フロアベッドといった高さがなく子供が万が一落下しても心配のないベッドがありますし、最近ではロフトといった上段に就寝スペース、下段に勉強机や棚などが設置できるものがあり、学生である子供にとっとは少し遊び心をくすぐられるようなものもあります。

今まで購入した人の中には収納のある商品が欲しいという思いで購入したベッド、いざ部屋に置いてみたらおしゃれ感がなくなってしまった、理想としていた部屋のイメージには似合わなくなってしまったという方もいるでしょう。

最近の収納ベッドには

  • モダン
  • ナチュラル
  • 和風
  • ミッドセンチュリー
  • インダストリアル
  • 塩系
  • ブルックリン
  • アンティーク
  • 姫系

などといった好みによって選ぶことのできる商品も発売されているので、おしゃれなインテリア家具のひとつとして部屋に設置することができます。

布団を収納できるベッドまとめ

ベッドとは言っても冬になれば掛布団は使いますよね?しかし夏の暑い季節になると布団の収納に困ります。

そこでおすすめしたいのが、「跳ね上げ式収納ベッド」になります。

床板をマットレスごと跳ね上げてその下全てが収納スペースになっているため、かさばる布団や毛布、その他大きな荷物も問題なく収納する事が出来ます。

それ以外にも引き出し式収納ベッドもあり、こちらはベッドの種類によって1段~3段までサイドに引き出しが付いているタイプのベッドになります。

薄手の布団であれば収納する事が出来ますし、小物などもきれいに片付けるとが出来ますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

soleil

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダブルベッドで赤ちゃんと添い寝する時に絶対にしてはいけない事とは?

  • ホテルのベッドや同棲中カップル2人が寝るベッドはセミダブルベッドで大丈夫?

  • シングルベッドを置くには何畳必要か?1つなら6畳、2つ配置するなら8畳が理想

  • シャ乱Qじゃあるまいし、いくら恋人でもシングルベッドに2人は狭いよね?

関連記事

  • ベッドの湿気対策を万全にする9の方法と、湿気に強いおすすめベッド3選!

  • 13種類のベッドと6種類のマットレスのおすすめ&サイズの選び方をご紹介

  • 狭い部屋でも快適おしゃれに!一人暮らしする女性におすすめのベッド5選!

  • ベッドの素材と機能について。ベッドフレームの種類と選び方

  • チェストベッドは「湿気・カビ・ほこり」に注意!対策法をご紹介!

  • 一人暮らしにおすすめのベッド8種類をランキングにしてみた