1. TOP
  2. 子供用ベッドの選び方を年代別にご紹介!

子供用ベッドの選び方を年代別にご紹介!

子供

現代の住宅事情からか、お布団よりもベッドを使っている子供が多い印象を受けます。

生活の欧米化はもとより、アレルギー対策という観点からもお手入れが簡単なベットを選ぶお家が増えているように思います。

子供が小さいときから大きくなるまでの生活に合わせた寝具選びを確認しながら、現在の事情を見ていきたいと思います。

新生児から2歳までのベッド選び

新生児を家に迎える時、どのような部屋で過ごすのか事前に決めておく必要があります。

ベッドの選び方は

  • ベビーベッドで寝かせる
  • 大人用ベッドで添い寝をする

の2通りあります。

ベビーベッドの選び方

ベビーベッドは通気性に優れているだけでなく、周りを柵で囲んでいるので転落事故を防止するには最適です。

また、柵の1面は開閉出来るので、オムツを変えたりミルクを飲ますのも簡単に出来るようになっています。

使用出来る期間は長くはありませんが、新生児など低年齢の赤ちゃんは床のほこりやベッドのダニ、湿気、そして転落事故などに極力注意をしなければいけないので、出来る限りベビーベッドで寝かせるようにして下さい。

ベビーベッド選びのポイントは、

  • 生後何年まで使用出来るかを確認する
  • キャスター付きにするか
  • 収納付きにするか
  • コンパクトタイプにするか

と言ったポイントに注意しながら選びましょう。

生後どれくらいまで使用出来るかを確認する

通常のベビーベッドは生後24か月までの商品がほとんどですが、中には体重制限を設けているものもあるので、おおよそ何歳くらいまで使用出来るかをチェックしておきましょう。

キャスター付きにするか

以外に便利な機能として「キャスター付き」ベビーベッドがあります。

お母さんがキッチンにいる間はリビングで寝かせておき、夜寝る時には寝室へ移動させる事も楽に出来るのでおすすめの機能となっています。

収納付きにするか

通常ベビーベッドの下は何も置けないのですが、最近では下を収納スペースとして活用できるタイプも出てきています。

オムツやウェットティッシュなどを入れておくと、赤ちゃんがうんちやおしっこをした時にすぐに変えられるので便利ですよ。

コンパクトタイプにするか

部屋が狭い場合にはコンパクトタイプを選ぶのも一つの方法です。

コンパクトタイプであっても、生後24か月まで使用出来るように記載はありますが、実際には2歳の赤ちゃんには狭いかもしれません。

ベビーベッドは実質1歳半くらいまでしか使用出来ない

赤ちゃんの大きさや成長速度にもよりますが、ベビーベッドは実際には24か月まで使用出来ない事の方が多いと思います。

特にコンパクトタイプのベビーベッドはすぐに使えなくなることがあるので、それ以降はお母さんと一緒に添い寝が出来るベッド選びをするようにしましょう。

2歳以降は添い寝が出来るベッド

2歳を迎えるまでにはベビーベッドを卒業してお母さんと一緒に添い寝が出来るベッドの準備をしましょう。

大人と一緒に添い寝する場合に最も注意が必要なことは「ベッドからの転落事故」になります。

一度きりの落下でも命を落としかねないので、

  • フロアベッド・ローベッドなど低いベッドにする
  • 周りを柵で囲む
  • 赤ちゃんは壁際か柵側に寝かせる
  • フローリングにはクッション材を敷く

などの対策をとるようにして下さい。

>>添い寝ベッドの選び方はこちら!

新生児から添い寝が出来るベッドインベッド

新生児の頃から大人のベッドで添い寝をさせるのであれば、ベッドインベッドを活用する方法があります。

周りが布で囲まれているので、新生児の赤ちゃんがベッドから落下する事を防いでくれますし、親が上に覆いかぶさる事もなくなります。

クッションもあるので、布団や絨毯やコルクマットの上で寝かせる事も出来ます。

但し、通気性があまり良くないので、特に夏場などは蒸れないように小まめに汗を拭いたり、室温をしっかりとコントロールしてあげましょう。

2歳から幼稚園までのベッドは添い寝を中心に

子供用ベッドの選び方ですが、この時期はとても選択に迷う時期でもあります。

ベビー用の物だと手狭ですし、大人用のベッドだと、自由度が大きすぎて、転落などの事故が心配です。

体の成長の過程でアレルギーの症状が出やすい時期でもあります。

お店ではこれくらいの年齢層に向けて柵が付いている物も売ってはいますが、選択肢はそんなに無いというのが現状です。

お布団という選択肢もありますが、こまめな掃除やお布団干しが必要なのでなるべくならベッドを買いたいという方にお勧めなのが、連結可能なタイプのベッドです。

連結する事でクイーンベッドやキングベッドになるベッドですが、将来的には分割してシングルベッドやセミシングルベッドとして使用出来ます。

これでしたら、まだまだ添い寝が恋しいお子様と大人で布団をくっつけて寝る事が出来ますし、自分の部屋で一人で寝る練習をする時には子供の部分だけ運んでいくだけでいいのです。

長く使えて経済的な上に、種類も豊富にそろっているので気に入ったデザインや機能で選べます。

寝相の悪いお子様の転落が心配であれば、背が低いフロアタイプの物もあるので、安心ですよ。

背の低い家具は部屋を広く見せる効果もあるのでインテリアの面でもポイントが高いですね。

まだ自分の部屋を自分で掃除するという年齢ではないお子さまの年頃なので、お母さんの掃除をなるべく楽にするという観点からも埃がたまりにくいベッドはありがたい存在です。

小学生のベッドの選び方

小学生になるとお友達がお家に遊びに来る機会が増え、子供部屋を利用する時間が増えますし、落下事故の心配もほとんどなくなります。

片付けや着替えなども子供が自分で出来るようになるので今度は高さのある収納機能のあるベッドが便利になってきます。

引き出し式収納ベッド

収納ベッド

小学生になると赤ちゃんの時に使っていた可愛いおもちゃは卒業して、ゲームやタブレットなどに興味を持ち始めますし、それ以外にもランドセルや教科書など意外と持ち物が多いので、引き出し式収納ベッドがあると便利です。

引き出しは1段から3段程度あるので、その子の荷物に合わせてベッドを選んであげましょう。

ロフトベッド

最近では上段がベッドで、下段には何でも置ける「ロフトベッド」も人気の傾向が強まっています。

下には勉強机や椅子を置いてあげる事で、学校や塾の宿題をしやすい環境を整えて上げる事も大切です。

小学校になると自我も芽生えてきて、自分の部屋をいかに快適に過ごせるのかをどんどん自分で考えるようになる年齢でもあるので、ベッドを買う時には子供の意見もしっかりと尊重してあげましょう。

二段ベッド

兄弟姉妹で一つの部屋を使う場合は二段ベッドが有効ではないでしょうか。

兄弟姉妹が同じ空間で寝る事で、絆も強くなりますし、親離れの第一歩にも繋がりより力強く成長してくれることでしょう。

まだ一人で寝るのは寂しいけどおかあさんと寝るのはもう恥ずかしいというような時に、近くに兄弟姉妹の存在を感じられると適度な距離感がちょうどいいといえます。

また、この時期のマットレスの品質にはあまりこだわる必要はないでしょう。

ごろりと横になるだけの事を有り余るパワーでやってのける年代です。

次の買い替えまでの短い間と思い切ってお手頃なものでもかまいません。

その分可愛らしい装飾やお気に入りのファブリックのほうが子供たちの気分を盛り上げてくれるはずです。

キャラクターの物に興味を示す最後の時期と言ってもいいかもしれません。

少し躊躇するような派手な物でもこの際思い切って取り入れてみましょう。

そのほうが、後に子供のころの思い出として鮮明に残るのかもしれませんよ。

子供用ベッドの選び方まとめ

赤ちゃんの頃にはベビーベッドを使ったり、ベッドインベッドで大人と添い寝が出来る環境作りをしてあげましょう。

少し成長して幼稚園くらいまでの子供と一緒に寝る場合には柵を付けて、ベッドからの転落事故を防ぐ工夫が必要です。

小学校に入学すると友達も増えて、子供部屋で寝る機会も増えてきます。

そんな時には子供が自分で片付けが出来るように収納ベッドを購入してあげたり、ロフトベッドや二段ベッドにする事もお勧めですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの注目記事を受け取ろう

子供

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

soleil

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダブルベッドで赤ちゃんと添い寝する時に絶対にしてはいけない事とは?

  • ホテルのベッドや同棲中カップル2人が寝るベッドはセミダブルベッドで大丈夫?

  • シングルベッドを置くには何畳必要か?1つなら6畳、2つ配置するなら8畳が理想

  • シャ乱Qじゃあるまいし、いくら恋人でもシングルベッドに2人は狭いよね?

関連記事

  • キングベッドで赤ちゃんと夫婦3人で寝る時は転落や寝返りに注意して対策を!

  • ロフトベッドは夏暑い!寝室の暑さ対策は空気の循環とクーラーがポイント!

  • 転勤族のベッドの選び方3つのおすすめをご紹介!

  • 一人暮らしのロフトベッドレイアウト特集。ベッド下はデスク・ソファー・収納を

  • ソファーベッドで一人暮らしを満喫!メリット・デメリット・選び方について

  • 布団や毛布も収納できるベッドが秀逸すぎる!