ベッドフレームセミダブルおすすめ12選!収納・すのこ・ロータイプetc.

『Rolyalstage』ロイヤルステージ-ローベッド おすすめのベッド

睡眠は人生の3分の1を占める程大切なものです。

睡眠の質を上げる事は、単に体の疲労を取り除くだけではなく、生活習慣病や肥満の予防にも繋がりますし、日中のパフォーマンスを上げる事にもなります。

そのため、一人用のベッドでもシングルではなくワンランク上の「セミダブル」を選ぶ人はたくさんいます。

また、既に自分の体に合ったマットレスや布団を持っている人であれば、ベッドフレームだけ欲しい人もいますよね?

この記事では、そんなセミダブルサイズのベッドフレームをお探しの方のために、「ベッドフレームセミダブルおすすめ12選!」をご紹介したいと思います。

ただ、セミダブルサイズのベッドフレームは種類やカラーバリエーションもたくさんあって、一緒くたにすると分かりにくくなるので、特に人気が高い

  • 収納付きベッドフレーム(引き出し・チェスト)
  • すのこベッドフレーム
  • ロータイプのベッドフレーム
  • パイプ製ベッドフレーム

のカテゴリーに分けてご紹介したいと思います。

それぞれどのような特徴があるのかもご説明していきますので、楽しみながら読んでくださいね。

収納付きベッドフレーム

収納付きベッドフレームは大きく分けて、

  • 引き出し式収納ベッド
  • チェストベッド

の2種類があります。

引き出し式収納ベッド

引き出し式収納ベッドは1段から3段程度の引き出しがサイドについているベッドになります。

ベッドフレームに合わせた引き出しを差し込む構造になっていて、引き出し自体に囲いや蓋は付いていません。

その分価格が安くなっているので、学生などの一人暮らしの方に特に人気が高くなっています。

チェストベッド

一方、チェストベッドの方も見た目は引き出し式収納ベッドと同じでサイドに1段から3段程度の引き出しが付いています。

但し工場でくみ上げたチェストをベッドフレームにはめ込むので、引き出しには囲いも蓋も付いています。

また、チェストベッドの場合、床板を外すとその下にも長物を収納するようになっているタイプが多く見受けられます。

 

それでは、それぞれで人気が高いセミダブルサイズのベッドフレーム2つずつをご紹介します。

収納ベッド ブラック 『STELA』ステラ 日本製ベッドフレーム

収納ベッド-ブラック-『STELA』ステラ

収納ベッド ブラック 『STELA』ステラ

価格円~

セミダブルの引き出し式収納ベッドフレームで一番人気が高いのは、『STELA』ステラになります。

フレームカラーはブラックで、サイドに引き出しが2杯付いているタイプになります。

引き出しは左右どちらにでも取り付け可能で、引き出しと逆サイドにも収納ケースなどを置くことが出来るようになっています。

ヘッドボードの棚は3つに分かれていて、真ん中に照明が、右側にコンセントが付いています。

引き出し自体は完成品が届くので、組み立ても簡単で男性であれば20分程度でくみ上げる事が出来ますよ。

宮付き キャスター付き引き出し 収納ベッド『NEXSTORAGE』ネクストレージ

収納ベッド『NEXSTORAGE』ネクストレージ

価格円~

『NEXSTORAGE』ネクストレージは、引き出しが2杯付いている引き出し式収納ベッドです。

ヘッドボードには小物が置ける棚と2口コンセントが付いているので、寝る前にスマホや本を見る人に便利な仕様となっています。

引き出しには計5か所にキャスターが付いているので、開閉が楽なだけでなく、ベッド下を掃除しやすくなっています。

また、ベッドの高さを通常よりも5㎝高くする事で、収納力を上げているのも特徴です。

ベッドフレームは強度を保つために、内部にクロスにした板を入れる事でしっかりと補強をしています。

また、きしみ音を防ぐために「EVAパッド」を付けるなど細部にまで配慮しているベッドフレームですよ。

国産 大容量 収納ベッド ヘッドレス 『Container』コンテナ 日本製ベッドフレーム

『Container』コンテナ 日本製ベッドフレーム

『Container』コンテナ 日本製ベッドフレーム

価格円~

セミダブルのチェストベッドで一番人気が高いのは、『Container』コンテナ になります。

浅型引き出しが4杯、深型引き出しが1杯、そしてベッド下には長さ191㎝の長物を収納する事も出来ます。

チェストベッドなので引き出しに囲いや蓋がついていて、ほこりや虫が入りにくい構造になっているのもおすすめポイントです。

『Container』コンテナはヘッドレスタイプと言って、ヘッドボードがないスッキリした外観が特徴のチェストベッドです。

棚がない分利便性は若干劣るかもしれませんが、コンパクトになっているので置き場所に困りませんよ。

フット側引き出し付き 照明付き 収納ベッド『Famirest』ファミレスト

収納ベッド『Famirest』ファミレスト

フット側引き出し付き収納ベッド『Famirest』ファミレスト

価格円~

『Famirest』ファミレストは足元に引き出しが付いているチェストベッドになります。

引き出しは足元に2杯付いていて、ベッド下にも大容量の荷物を収納する事が出来ます。

また、サイドにも引き出しを2杯取り付ける事も可能なので、使用する頻度が高い衣類などが多い方はサイド収納も付けると良いですよ。

引き出しにはスライドレールが付いているので、たくさんの荷物を収納しても簡単に引き出す事が出来ます。

またヘッドボードも機能性抜群で、

  • 背もたれしやすいヘッドボード
  • ほこりガード付きの2口コンセント
  • ストッパー付き宮棚
  • LED照明

が付いています。

特に照明はヘッドボードの隙間から零れ落ちるような灯りになっているので、十分な明るさをキープしながらもおしゃれなデザインになっています。

お部屋の間取りによっては、サイドよりもフット側にスペースを設けやすい時がありますが、そう言った方におすすめのベッドフレームになっています。

すのこベッドフレーム

従来のベッドは、マットレスを置くための床板が「張り板」と言って隙間が全くないタイプでした。

欧米諸国のように乾燥している気候であれば問題ないのですが、日本のように高温多湿の気候では湿気やすくカビが生えやすい事がデメリットでした。

そこで開発されたのが、「すのこベッド」と呼ばれているもので、床板をすのこ状にする事で通気性をあげて湿気やカビを防ぐ効果を持たせています。

すのこベッドだからと言って、全くカビが生えないと言うわけではありませんが、北向きの部屋など湿度が高い場合にはすのこベッドにした方が快適に睡眠を取る事が出来ます。

 

また、マットレスではなく敷布団を使ってベッドで寝たい方もいらっしゃると思いますが、通常敷布団は通気性が悪いので張り板だとすぐにカビが生えてしまいます。

しかし床板がすのこになっていて、尚且つ強度を持たせているベッドフレームの中には布団が使えるベッドもあります。

 

それではセミダブルサイズのすのこベッドフレームのおすすめ商品を2つご紹介したいと思います。

カントリー調 天然木 すのこベッド『Ecru』 エクル

『Ecru』 エクル ショートベッド

カントリー調 天然木 すのこベッド『Ecru』 エクル

価格円~

『Ecru』 エクルは女性に人気が高いすのこベッドフレームです。

天然木のパイン材を使用しているベッドフレームで、カントリー調が可愛く暖かみのあるデザインになっています。

すのこは取り外しが出来るので、ベッド下に収納ケースを置くことでお部屋の片づけが格段に楽になります。

ベッド下の高さも20㎝と32㎝に調整する事が出来るので、開放感を出したい場合には低く、収納スペースを多く取りたい場合には高く調整してください。

ヘッドボードも実用性に優れている棚と2口コンセントが付いていて、厚みがしっかりある頑丈すのこはマットレスでも敷布団でも使える仕様となっています。

セミダブルサイズにする事で彼氏がお泊りに来た時でも、一緒に寝る事が出来ますよ。

すのこベッド 高さ調節可能『香凛 かりん』ナチュラル 無塗装 ヒノキ

ひのきすのこベッド『香凛 かりん』

ひのき すのこベッド 高さ調節可能『香凛 かりん』

価格円~

通気性や快適な寝心地を考えるのであれば、『香凛 かりん』のすのこベッドフレームがおすすめです。

『香凛 かりん』は天然木の「檜(ひのき)」を使用している無塗装のすのこベッドフレームなので、檜の持つ吸放湿性を最大限に引き出す事が出来ます。

また、檜が持っている

  • リラックス効果
  • 殺菌効果
  • 防虫・防ダニ効果

はカビだけでなくダニや害虫なども寄せ付けないので、快適に睡眠を取るために最高の環境にしてくれます。

強度の高いベッドフレームとなっているので、マットレスでも布団でも寝る事が出来ますよ。

ロータイプのベッドフレーム

通常ベッドフレームの高さは床から40㎝程度になっていますが、ローベッドのように30㎝程度のものや、フロアベッドのように20㎝を下回るタイプを「ロータイプ」と呼んでいます。

 

ローベッドには短いですが脚がついていて、ベッドの下を掃除するのも楽ですし、通気性にも優れています。

収納はもちろん、棚などがないタイプがほとんどなので実用性には欠けますが、見た目の高級感は何物にも代えがたいものとなっています。

 

一方、フロアベッドはフレーム枠で支えているので、ベッド下の掃除をする時には床板を外すなどの手間がかかってしまいます。

しかし、使用している部材が少ないので、おしゃれなデザインの割に格安で購入できるのが最大のメリットです。

 

それでは、セミダブルサイズのおすすめ商品を2つずつご紹介したいと思います。

モダンデザイン ローベッド『Rolyalstage』ロイヤルステージ

『Rolyalstage』ロイヤルステージ ローベッド

ローベッド『Rolyalstage』ロイヤルステージ

価格円~

『Rolyalstage』ロイヤルステージは洗練されたデザインんが魅力のローベッドです。

ローベッドの魅力の一つに「ステージレイアウト」と言って、マットレスの幅よりも広めのベッドフレームを購入する方法があります。

そうする事でシンプルでありながらも、ゆとりのあるデザインを楽しむことが出来ます。

またステージレイアウトは使い勝手にも優れていて、寝る前に読んでいた本を置いたり、ちょっとしたサイドテーブル代わりにする事も出来ます。

『Rolyalstage』ロイヤルステージはヘッドボードの高さを変える事も出来て、お部屋を広く見せたいなら低く、背もたれとしても使いたいなら高く調整してください。

脚の長さは15㎝になっているので、普通の掃除機はもちろんお掃除ロボットを使用する事も出来ますよ。

ローベッド ウォルナットブラウン デザインボードベッド Bona ボーナ

Bona ボーナのすのこローベッド

デザインボードベッド Bona ボーナ

価格円~

Bona ボーナはウォールナットブラウンが美しいデザインローベッドになります。

フレーム幅の種類は、100㎝、120㎝、140㎝とありますが、セミダブルサイズは120㎝になります。

もちろんフルレイアウトではなく、ステージレイアウトにしたいのであれば、140㎝のベッドフレームを選ぶようにして下さい。

Bona ボーナはは先ほどの『Rolyalstage』ロイヤルステージと違い、ヘッドボードがない仕様となっていて、その分価格が安くなっています。

また脚の種類を「木脚」と「スチール脚」の2種類から選ぶことが出来て、マットレスを使用するならスチール脚が、布団を使うなら木脚の方が見た目に統一感が出るのでおすすめですよ。

すのこ仕様 コンセント付き フロアベッド『ブリーズ』

ブリーズのすのこフロアベッド

フロアベッド『ブリーズ』

価格円~

『ブリーズ』は床板がすのこになっているフロアベッドになります。

高さを抑えたベッドは、開放的でスッキリした印象のお部屋にしてくれます。

一般的にフロアベッドのデメリットとしては、

  • 通気性が悪い
  • サイドフレームなど強度に不安がある

と言った事があるので、安くてもお勧めできる商品は少ないのですが、『ブリーズ』の場合には床板が「LVLすのこ」と言って強度を持たせながらも通気性を改善してくれています。

また、サイドフレームの「開き」を防止するためにワイヤーを取り付けているなど補強もしっかり出来ているので、安心してご使用する事が出来ます。

ヘッドボードは棚、ほこりガード付き2口コンセントが付いているので、寝る前のひと時を充実した時間にしてくれます。

1年間のメーカー保証が付いているので、通常使用の範囲内で破損等が出ても対応してくれるのも嬉しいポイントですよ。

すのこ仕様 連結ローベッド 宮付き コンセント付き『Flacco』フラッコ

『Flacco』フラッコ すのこベッド

『Flacco』フラッコ すのこベッド

価格円~

『Flacco』フラッコも床板が「LVLすのこ」になっているフロアベッドです。

特徴的なのは、床板とマットレスの間に足が挟まらないようにフラットにしてある事です。

フロアベッドは高さが低いのでお子さんと一緒に寝る方もいらっしゃると思いますが、子供がベッドに飛び乗った時に足を挟んでしまっては危険ですよね?

『Flacco』フラッコなら隙間に足が挟まる事もなく、安全に乗り降りする事が出来ます。

またフロアベッドは床に近いのでほこりを吸い込む事も多いですが、『Flacco』フラッコはフロアベッドにしては高さがあるので、ほこりの影響も受けにくくなっていますよ。

パイプ製ベッドフレーム

パイプ製のベッドフレームの特徴は、軽量で値段が安いのが魅力です。

通気性にも優れていますし、スチール製なのでベッドフレームにカビが生える事もありません。

また、移動しやすいのでベッド下の掃除などをするのも楽に行う事が出来ます。

しかし一方で、強度に不安がある事と、金属同士が擦れあう事で「きしみ音」が発生しやすいのがデメリットになっています。

木製のベッドフレームと比べると暖かみはないですが、スチールにしか出せないインダストリアルなデザインに魅力を感じる方も多くいます

 

そんなパイプ製のセミダブルベッドフレームのおすすめ商品をご紹介したいと思います。

ブラック 棚・コンセント付きスチールフロアベッド Legacy レガシー

スチールフロアベッド Legacy レガシー

スチールフロアベッド Legacy レガシー

価格円~

Legacy レガシーはブラックにコーティングされたスチールがかっこいい、男性におすすめのパイプベッドです。

一番の特徴はヘッドボードで、小物を置きやすい棚と、2口のスライド式コンセントが付いています。

パイプベッドの多くは棚が付いていても隙間から物が落ちやすい設計になっていますが、Legacy レガシーの場合にはスチールの板を折り曲げる事で本なども安心して置くことが出来ます。

また、コンセントは枕元を左右に動かせるスライド式なので、充電するものを動かすことなくご使用する事が出来ますよ。

シルバーアッシュ デザインスチールベッド Sidonia シドニア

デザインスチールベッド Sidonia シドニア

デザインスチールベッド Sidonia シドニア

価格円~

ナチュラルヴィンテージスタイルが魅力のパイプ製ベッドフレームが、Sidonia シドニアになります。

スチールの無機質な質感と、背もたれ部分のウォールナット調の木目のハーモニーが独特の風合いを醸し出してくれます。

無骨なイメージが強いパイプですが、Sidonia シドニアではマット塗装で仕上げる事で高級感を出しています。

ヘッドボードにはクリップ式のライトを取り付けたり、洋服を掛けておくのにも便利です。

床板はメッシュ仕様になっているので、マットレスを敷いた時に通気性が抜群に良いのも魅力ですよ。

>>セミダブルベッドはこちら!

ベッドフレームセミダブルまとめ

セミダブルサイズは一人用ベッドとしては一番大きなサイズになっていて、睡眠の質を高める上では最高の選択です。

また、セミダブルサイズのベッドフレームのおすすめ商品としては、

  • 収納付きベッドフレーム(引き出し・チェスト)
  • すのこベッドフレーム
  • ロータイプのベッドフレーム
  • パイプ製ベッドフレーム

があります。

荷物が多い方は収納付きを、湿気やカビが気になる方はすのこを、おしゃれなデザインであればロータイプを、安いベッドフレームであればパイプ製がそれぞれおすすめとなっています。

関連記事

コメント

  1. […] ベッドフレームセミダブルおすすめ12選!収納・すのこ・ロータイプetc. […]

  2. […] ベッドフレームセミダブルおすすめ12選!収納・すのこ・ロータイプetc. […]

  3. […] ベッドフレームセミダブルおすすめ12選!収納・すのこ・ロータイプetc. […]

  4. […] ベッドフレームセミダブルおすすめ12選!収納・すのこ・ロータイプetc. […]